FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ開始!

先月の7月に解体屋からMTX200Rと言う1983年に発売した2stオフロードを格安で買いましたクラッカー

{0D0CD79E-35E2-4C4C-A48D-DD100087C180:01}

これが新車の状態。

実際は…

{58DB34E3-3786-44AB-82F9-7B56F3420BAC:01}

ドクロドクロドクロ
まぁ、30年前のバイクなのでこんなもんでしょうあせる

スペックはというと、
エンジン:2ストローク200cc
パワー:26馬力
車重:102㎏(v-maxの三分の一ニコニコ
ブレーキ:前後ドラム叫び

と、まぁこんな具合です。

リッターあたりの馬力は130馬力!!情報を見るとかなりのじゃじゃ馬みたいですにひひ

このバイクはメインが50cc.80cc.125ccで200ccは約1年で販売終了みたいですガーン

ただでさえ古いのにマイナー車と言うことで部品が廃盤になりまくりですドンッ

でも現在でもMTX保存の会と言うコミュニティがあったりもして、色々情報交換が行われているので何とかなりそうです目

現状は奇跡的にエンジンは絶好調で細かい電気系はいつもお世話になっているバイクショップ佐野のキクさんにバッチリ直してもらいました(#^.^#)アップ

これから、一旦フレームからエンジンを降ろして、フレーム、スイングアームの塗装等色々と仕上げて行こうと思います。

実は…125ccのフレームはすでに手に入れてあるんですよね…

これをどうするかはご想像にお任せしますひらめき電球

また楽しみが一つ増えました合格

スポンサーサイト

久しぶりに

夏休み最終日なので家でゴロゴロしては勿体無いと思い、十代の頃よく走った六甲山のワインディングを走りにいきましたビックリマーク

当時、セパハンのXJRで何回も転けた思い出の峠道ガーン

久しぶりに走るとヘアピンが多くて少し怖いくらいでした叫び

そのまま六甲山の山頂へ。
{686248CA-30D3-4BCD-BB07-76196FB0C701:01}

夜は夜景がとても綺麗な所ですアップ

その帰り道の休憩場で一服し、
{751656AF-4F4D-41BE-A36A-751AA45A9639:01}

阪神大震災以来となる六甲アイランドのマリンパークに来ましたニコニコ

ここで釣り糸を垂らしてる人がタコを釣っていました得意げ

暑かったけどいい夏休み最終日になりましたチョキ

ウオタニSPⅡ取り付け&インプレ

暑い中ガレージで家庭用扇風機全開でウオタニSPⅡの取り付け作業をしました晴れ

{0EBFC069-EDEE-4C38-BC84-B401078B7481:01}



リアの2気筒のイグニッションコイルは特に問題無く外れましたが、問題はフロント!?

◯外すものはエアクリーナーのボックス。

◯左右のダミーダクト

◯左のVブースト等のリレーを固定している台

◯右のラジエターキャップが付いているクーラントのパイプを固定している台

◯イグニッションキーASSY

◯純正イグナイターを固定しているステーのボルト

もう少し細かい物はありますがこれだけを外せば特に特殊な工具なしで交換はできますが…

フロントのイグニッションコイルはイグナイターを固定しているステーを色々角度を変えて工具を突っ込まなくてはなりませんドクロ

{B28D4DBD-B65F-49E0-BF21-885700259BE0:01}



ここのネジはステーを動かすと何とかドライバーか入るので外せました。

もう一つのネジは更にステーを動かし

{CED393E8-3B49-4F51-B4A9-FFE8F2AA84D9:01}


{CCB11D05-F602-49C2-BABF-0D68CDD4EBA2:01}

ラチェットにドライバーの頭を装着し、ココも何とか外せましたガーン

左バンク側はそんなに苦労せずに外す事ができ、各バンクのコイルの取り付け部を付属のv-maxの専用の防水キャップと金具に付け替え、コイルの取り付けは完了ですニコニコ

イグナイターは純正の位置にそのまま置き換えて取り付けます。

うーんあせるダイヤル調整が面倒ですが他にスペースもないので仕方ありませんしょぼん

ここでここ最近アイドリングが不安定な原因を突き止めましたビックリマーク

何と、すべての純正コイルが割れていました叫び
{DC106D70-A3E0-47CA-BA9D-74308582E47E:01}



リアの部分は見えるところが割れていたのでコーキングしていましたが、まさかリアの見えない裏側や、普段見えないフロントの2気筒のすべでが割れているとは思ってもみませんでした爆弾

おそらくほとんどがリークしていたんでしょう…

このv-maxは1999年式。屋根付きのガレージに保管していたのに、こうなるのは熱で割れてしまうのでは無いかと思いますしょぼん

まだ一度もココを交換していなくて、冷えている時のアイドリング不調がある車輌はココを疑ってみるのもイイかもですにひひ

後は元通り組み付けます。
{92B1EB8C-6037-46B0-9165-1540B9D5F1B5:01}


で、そのインプレですが…

◯エンジンがチョーク無しで始動!
◯アクセルのツキが格段に向上!
◯ツキが向上した事によりVブーストの掛かりのレスポンス向上!
◯信号でのスタート時にアクセルを多めに開けると少しはてなマークフロントが浮く!

まぁ、ネット上でのコレの評判がいいので評判通りといえば評判通りですクラッカー

ちなみにイグナイターのセッティングはレブハ リミットは出荷時のまま0の10000rpm。

進角はダイヤル1の2°です。

コイルの破損もあったのでコレの100%の実力では無いと思いますが、すごく満足していますアップ



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。